FMEとは?

FME with pragmatica
ホーム FMEとは? FME評価版 FMEサポート FMEユーザー事例 FMEの導入・保守

FMEとは?


One Powerful Integration Engine - パワフルなデータ統合エンジン

FMEはSafe Software社(カナダ)が開発したデータ統合エンジンです。

FMEは空間データと非空間データの双方に対する多種多様なデータ変換機能を備えているとともに数多くのデータフォーマットをサポートしており、データの変換・統合を必要とするあらゆるプロジェクト、業務において、その効率化に大きく貢献します。


データ変換機能

ベクター、ラスター、点群(ポイントクラウド)などの空間データに対する多種多様なデータ変換処理機能を標準で備えていることがFMEの大きな特徴です。しかし、空間データの処理に特化しているわけではなく、文字列や数値といった非空間データの変換についても豊富な機能を有しており、ひとつのデータ処理フローで空間データと非空間データを一体的に処理できます。


フォーマットサポート

FMEは300以上のデータフォーマットをサポートしており、異なるフォーマット間でのデータ移行やデータ統合を容易に行うことができます。サポートするフォーマットの種類は、GIS、CAD、ラスター、点群、データベース、XMLなど多岐にわたります。

> FMEがサポートするフォーマット一覧表(Safe Software)


FME製品・サービス

FMEの機能は、次に掲げるソフトウェア製品及びクラウドサービスによって利用できます。


FMEデスクトップ

目的に応じたデータ処理フロー(「ワークスペース」と呼びます)を作成、実行するためのソフトウェア製品です。
ワークスペースはドラッグ・アンド・ドロップを基本とする直感的なユーザーインターフェースにより効率的に作成できます。
ワークスペースはファイルに保存することができ、他のデータセットに対して同じ処理を実行したり、改良・拡張したりするなどの再利用が容易にできます。

FMEデスクトップ

FMEデスクトップの主要コンポーネント
・FME Workbench: ワークスペースの作成、実行、再利用
・FME Data Inspector: データの検査、処理過程・結果の確認
・FME Quick Translator: フォーマット変換・ワークスペースの実行

FMEサーバー

ワークスペースに基づく処理をサーバー上で実行するためのソフトウェア製品です。
ネットワーク経由でFMEサーバーにアクセスすることによって、FMEがインストールされていないマシンでもFMEの機能を利用することができます。

* ワークスペースの作成、FMEサーバーへのワークスペースのアップロードを行うにはFMEデスクトップが必要です。


FMEクラウド

FMEサーバーの機能をクラウド上で提供するサービスです。
FMEサーバーを導入しなくても、リーズナブルな料金体系によってその機能を利用することができます。

* FMEクラウドはSafe Software社が有償で提供するサービスであり、利用するには同社への申込が必要です。


さらに理解を深めるために

FMEの利用はすべてFMEデスクトップでワークスペースを作成することから始まります。
FMEデスクトップ評価版(30日間無償試用)により、FMEのパワーをお確かめください。

>「FME評価版」へ