FMEとは? | FMEサポート

FME Server デモ


このサイトでは、FME Cloud 上で稼働する FME Server (および、その管理下にあるFME=データ変換エンジン) をバックエンドシステムとして利用したウェブアプリケーションのサンプルを公開します。

これらのアプリケーションは、さまざまなシナリオにおける FME 活用の可能性を示すことを目的として公開しているものであり、実行結果として得られるデータ・情報が実務で利用されることは想定していません。

アプリケーションから得られたデータ・情報を利用する場合は、用途に見合った内容、品質であるかどうかを十分に吟味してくださるようお願いいたします。


FME Server を利用したウェブアプリケーションサンプル [新着順]
区分ウェブアプリケーションサンプルアプリケーションの概要掲載日
DB接続 国土数値情報「医療機関」データ空間検索
・データストリーミング (GeoJSON)
PostGIS データベースに移行済みの国土数値情報「医療機関」(平成26年度, 全国)データセットから、地図上で指定された検索対象範囲(矩形領域)内にある医療機関を抽出して表示します。 2017-11-06
ウェブ接続 地理院タイル 地形モデル画像の取得
・データストリーミング (HTML)
地理院タイルサーバーに接続し、マップ上で選択されている地点を含むタイル区画の「色別標高図」、「陰影起伏図」、「傾斜量図」、「全国傾斜量区分図(雪崩関連)」画像(ズームレベル9~15)を取得、表示します。 2017-10-30
ウェブ接続 気象庁「台風位置表」に基づく台風経路の表示
・データストリーミング (GeoJSON)
気象庁 > 各種データ・資料 > 過去の台風資料 > 台風位置表 > YYYY (2001~) 年ページで公開されている台風位置表(CSV形式)に基づいて台風経路図を作成、表示します。 2017-10-26
DB接続 Excel帳票によるデータベース更新
・データアップロード (Excel)
・ジョブサブミット (PostgreSQLデータベース更新)
・データストリーミング (JSON)
・データダウンロード (Excel)
テスト用の定型様式によって作成、アップロードされたExcel帳票の記入内容に基づいて、PostgreSQLデータベーステーブルへのレコード挿入を自動的に行います。 2017-10-23
変換ツール e-Stat 国勢調査メッシュ統計データの変換
・データアップロード (Zipped CSV)
・データダウンロード (ベクター)
e-Stat 政府統計の総合窓口で提供されている国勢調査メッシュ統計データ(CSV形式, zip圧縮)をGISベクターデータ - 統計値を属性として持ったメッシュポリゴンに変換します。 2017-10-23
ウェブ接続 国土数値情報「土地利用細分メッシュデータ」URLの取得と表示
・データストリーミング (GeoJSON)
国土数値情報 Web API (試行版) を利用して1次メッシュ区画ごとに「土地利用細分メッシュデータ」ダウンロードファイルのURLを取得し、地図上に当該URLの情報を持った1次メッシュ区画(矩形ポリゴン)を表示します。 2017-10-16
変換ツール 基盤地図情報DEMのラスター変換
・データアップロード (Zipped XML)
・データダウンロード (ラスター)
国土地理院 基盤地図情報ダウンロードサービスサイトで提供されている数値標高モデル(DEM)データ(XML形式, zip圧縮)をラスターデータに変換します。 2017-10-16
ウェブ接続 Hi-net自動処理震源リストの図化
・データストリーミング (JSON)
防災科学技術研究所サイト「Hi-net自動処理震源リスト」ページで公開されている前日、当日の震源リストに基づき、震源情報(震源座標を中心とする円)を地図上に表示します。 2017-10-13
ウェブ接続 e-Stat API による統計表データの取得と変換
・データストリーミング (HTML)
・データダウンロード(Excel)
e-Stat (政府統計の総合窓口) の API 機能を利用して「労働力調査 基本集計 全国 月次 就業状態別15歳以上人口」統計表データ(XML形式)を取得し、HTMLテーブルに変換して表示します。また、同じ統計表をExcelブックに変換し、ダウンロード可能にします。 2017-10-12

FME Logo
FME Cloud pragmatica-s Customer Signup - FME Cloud 利用申込
Get started with a free $250 credit. 250ドル相当の無料クレジットからスタートできます。


Powered by FME, implemented by pragmatica inc.